不登校・非行・引きこもり

映画「スパルタの海」について


 「スパルタの海」は、ジャーナリスト・上之郷利昭氏が愛知県の戸塚ヨットスクール合宿所に 泊り込んで取材し、スクールの実態と、登校拒否児などが実際に立ち直っていく様子を描いた ノンフィクションです。昭和56年に、約半年間に渡って東京新聞に連載され、問題行動のある子供を持つ親などに大変な反響を呼びました。 この原作を元に、西河克巳監督、伊藤四郎主演で製作されたのが、映画「スパルタの海」です。

 そして、20年程前のいわゆる“戸塚ヨットスクール事件”が起きる直前に完成し、封切を待つばかりの段階になっていたのですが、事情不明のまま、“お蔵入り”の状態が続いていました。

 ところが、平成17年春、支援する会有志の方々のご尽力で、試写会が催され、関係者の方々に 大変な好評を頂きました。 また、今秋、有志の方々が映画「スパルタの海」の著作権を取得され、早速「VHSビデオテープ」「DVD」化して広く会員の皆様に販売される事となりました。

戸塚校長役の伊東四郎氏はじめ、俳優の方々の名演技をご覧ください。 スクールに入校してくる青少年の、当時と変わらぬ現実に、益々、スクールの存在意義を再認識します。